MENU

他社の借り入れがあっても消費者金融でお金は借りられるのか

複数社から借入した状態は、多重債務と呼ばれています。これは、あまり良い状態とは言えません。もちろんその状態でもお金を借りることはできるのですが、一定レベルを超えると急にお金を借りにくくなることもあるのです。その際の注意点について知っておき、しっかりと返済をできる計画を立ててお金を借りるようにしてください。

消費者金融を利用する際に注意したいのは、その人の年収の3分の1までを借りられる総量規制です。しかしそれとは別に気をつけたい条件が、何社からお金を借りているのかです。それぞれどちらも、一定以上になると審査に通りにくくなりますが、総量規制は条件がすぐ分かることに対して、多重債務の場合は具体的に何社と提示されていないため気づかない人が多いのです。

一般的に審査が厳しくなるのは、3社以上と言われています。色々な条件が重なることで変動することはありますが、特に問題がない人でも3社以上になると急に審査に通りにくくなってしまうのです。これを逆に考えるなら、2社までならお金を借りることは問題ないとも言えます。このことをどう捉えるのかは人それぞれですが、お金の借り方を誤るとドンドン借金が膨らむことになるので、そのことには十分に気をつけてください。

それでは、なぜこのようなお金の借り方をしてしまうのかですが、各消費者金融で審査結果によって借りられる金額に違いがあるからです。消費者金融では、その人がどれだけのお金を貸したらしっかりと返済をしてくれるのかを基準に審査をします。そのため、仮に年収が300万円の場合、総量規制に当てはめれば100万円までお金を借りられることになりますが、いきなり100万円まで利用できるようになるとは限らないのです。

ある消費者金融で審査を受けた結果、30万円を借りることができました。だけどもっとお金が必要なので、他社で審査を受けることによってさらに30万円の枠を得られました。これが続いてもう1社で30万円、どうせなら限界までと4社目の審査を受けた時点で通らずに終わってしまう。このような流れが起こりえます。

多重債務状態になると、自分がいったいどれだけ借金をしているのかが分かりにくくなります。自分がどれだけ借金をしていて、その返済にはどれくらいの期間が必要なのかが把握できなければ、収入からどれだけ使えるのかも分からなくなってしまいます。他社から借り入れがあってもお金を借りることは可能ですが、消費者金融を賢く活用していくためには、できるだけ避けるようにしてください。