MENU

消費者金融とヤミ金は別なものです

消費者金融について詳しくない人の中には、消費者金融とヤミ金を混同してしまっている人もいます。そのため、あまりよくないイメージを持っている人がたくさんいるのです。もちろん、借金をせずに済むのであればそれが一番ですが、借金のある生活がそのまま人生に大きな悪影響を与えるわけではないので注意してください。そもそも、クレジットカードを使うことやローンを組むことも、お金を借りているのと同じような状態です。それらのサービスとは異なり、現金をそのまま借りられるのが、消費者金融なのです。

消費者金融は、法律にのっとってお金を貸している業者のことです。それに対してヤミ金は、法律を無視してお金を貸している業者のことです。また、似たような分類に「街金」と言うものもあります。これは、中小規模の消費者金融のことを指していることが多いのですが、中には違法業者が含まれていることがあります。大手とは異なり、ほとんど名前の聞いたことがない貸金業者のことだと考えてください。

ここですでに気づいたかとは思いますが、法律を守っているのかそうではないのかが、大きな違いとなっています。法律を遵守しているところからお金を借りるのであれば、よほどのことがない限りは無茶なことになりません。金利面でも無理のない範囲で設定されており、特殊なケースでもない限りは取り立てもしっかりと法律にのっとって行なわれます。しかしヤミ金の場合は、ほかでは貸してくれないからここを利用するしかないという弱みにつけ込んで、違法な金利でお金を貸しているのです。また、借金の返済がとどこおった際には、苛烈な取り立てが行なわれることもあります。

お金を借りることに対してよく知らない人にとって、闇金のイメージが強く持たれています。そのため、本当は問題が起こるはずのない消費者金融に対しても、お金を借りたら大変な目にあってしまうというイメージを持ってしまうのです。だけど、実際にそのような業者だとしたら、あれほどテレビでCMを出せるはずがありません。もしも勘違いしていることがあるなら、お金を貸すことは共通しているけど全く異なるものだと知っておきましょう。

お金のトラブルは、いつ起きるのか分からないものです。そんなときにせっかく利用できるサービスがあるのに、偏見が原因で利用せずに苦しむことがないようにしてください。使い方を誤れば大変なことになるのは確かですが、無条件に問題が起きるものではないので賢く利用できるようにしましょう。