MENU

消費者金融の金利について知っておこう

消費者金融を利用する際に気になるものとして、金利があります。いったいどれだけ借りたら、どれだけの金利になってしまうのかが気になり、なかなかお金を借りる決断のできない人も多いのではないでしょうか。特に、ヤミ金のような違法業者の金利は凄まじいもので、そのイメージを持っているためにお金を借りることに対して躊躇している人もいます。まずは、消費者金融の金利がどうなっているのかを知っておきましょう。

消費者金融は、法律にのっとってお金を貸しています。その法律の中には、金利に関するものもあります。貸金業法で定められた金利は、2010年の改定によって以下の用になっています。

10万円未満の借り入れなら20%、10万円から100万円未満は18%、100万円を超える場合は15%

実際に比較をしてみると、それぞれの消費者金融で提供している金利に差はありますが、すべてこの範囲内で設定されています。制限ぎりぎりの金利にすれば利益は出やすくなりますが、そうなると利用者はもっと金利が安いところに流れてしまうので、サービスを充実させつつも自社で提供できるラインを決めて金利が設定されています。逆を言えば、もしも上記の金利を超える設定でお金を貸しているところがあった場合は、間違いなくヤミ金です。消費者金融の金利のことについて知っているだけで、そこがどういう貸金業者なのかを判断することもできるわけです。

消費者金融に関連することですが、過払い金という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。これは過去に消費者金融が、法定利息を超えてお金を貸していた際に、余分に払ってしまった金利分を取り戻せるというものです。これは厳密な意味で言えば違法だったのではなく、貸金業法の金利と出資法の金利が異なることが原因で、この部分がしっかりと整備されていなかったために高い金利でお金を貸す業者があったのです。グレーゾーン金利とも呼ばれているこれは、現在はしっかりと法定金利でお金を貸しているため発生しません。あくまでも過去に発生したことに対して請求をできるのが、過払い金なのです。

消費者金融も、商売としてお金を貸しているので、あの手この手で利益を出そうとしています。法整備によって大きな落とし穴にはまることも少なくなりましたが、いらぬトラブルを避けるためにも、実際に利用する前に消費者金融のことについてはしっかりと調べておきましょう。まず、知ることが大事です。