MENU

どうすれば消費者金融の審査に通るのか

これから消費者金融でお金を借りようと思っているのであれば、まずは審査に通る必要があります。この人なら安心してお金を貸せると判断してもらわなければ、お金を貸してもらうことはできないからです。この審査内容については、各社で条件が異なるため「これなら絶対に大丈夫」という基準はありません。それでも、注意すべきポイントに気をつければ審査に通る可能性は高くなるので、まずはその部分を押さえていきましょう。

まず、最低限必要な条件は、消費者金融が提示している申し込みのための条件を満たしていることです。基本的には20歳以上であることですが、上限の年齢は各社で異なります。69歳以下までとしているところもあれば、65歳以下としているところもあるのです。そして安定した収入のあることが、求められます。消費者金融でお金を借りる際は、分割で返済をしていくことになるのですが、安定した収入がなければ「今月は収入が少ないから返済できない」ということになりかねません。そのような人は、信用がないと見なされてしまいます。

そして、ここから先の項目は、条件が良ければ良いほど審査に通りやすくなるというものです。雇用形態は正社員が良く、勤続年数が長ければ申し分はありません。また、住居形態が賃貸なのか持ち家なのかにもよって変わってきます。毎月の支払いが発生する賃貸よりも、持ち家の方が良く見られるわけです。

次に気をつけたいのは、他社での借り入れがあるのかどうかです。ほかにも返済しなければならない借金がある場合、自社の返済に影響があるかもしれないと見られます。また、これまでに滞納歴があるのかどうかで、評価は大きく変わってきます。お金を貸すに足る信用できる人かどうかを判断するのかが審査の目的なので、過去にトラブルを起こしたことがある人が不利になるのは当然と言えるでしょう。

これらの条件で引っかかる部分があったら、絶対に審査に通らないのかというと、総出はありません。ただし、審査には通っても借りられる金額が制限されるようになります。年収が400万円ある人でも、30万円までしか借りられず限度額をなかなか増やせないなどのパターンです。消費者金融を利用する際には、信用度がものを言います。なかなか審査に通らないという人は、まず自分の状況をしっかりと確認することから始めてみましょう。もしかしたら、何か原因になるべきことが見つかるかもしれません。ほかにも色々な要素が影響してくるものですが、まずは基本的な部分から確認していきましょう。