MENU

消費者金融ではどんな取り立てが行なわれているのか

お金を借りたらしっかりと返済していけば良いのですが、止むに止まれぬ事情で返済が困難になってしまうこともあります。たとえばそれが一時的な問題であれば、少し支払いを待ってもらうように伝えるだけで大丈夫です。さすがに回数が重なると対応も厳しくなってきますが、一番悪いのは何も連絡をせず延滞してしまうことだと知っておいてください。しかし中には、まったく連絡をせずに数ヶ月にわたって滞納をしてしまう人もいます。そうなると、消費者金融側ではどのような取り立てをしてくるのでしょうか。

消費者金融は、法律にのっとってお金を貸している業者です。そのため金利に始まり取り立てに至るまで、違法行為は行なわれません。ただ、実際には違法レベルでの取り立てが行なわれた事例も数多くあり、そのことから消費者金融のことを怖いと思っている人が多いのも確かです。借金の返済を滞納していることから強く出ることができず、そのまま悩んでいる人もいるのですが、そんなときは正直に消費者金融へ連絡をしましょう。

違法な取り立てに対して、法律の専門家へ相談する方法もありますが、その際には借金の返済を滞納している問題にも触れる必要があります。どうしても借金の返済ができない場合は、債務整理をするという選択肢もあります。もちろん、リスクもある方法ですが、借金の返済などは弁護士などの法律家を通して行なうことになるので、少なくとも取り立てに関する問題は解決可能です。後ろめたい気持ちがあるかもしれませんが、契約違反と法律違反は別件です。目に余る違法行為の場合は、警察への通報も考慮して対処していきましょう。

苛烈な取り立ては、消費者金融に対する悪いイメージの代名詞とも言えるものですが、しっかりと返済をしていればこのトラブルは起きません。約束通り返済をしてくれる人に対して過剰に強く出たところで、まったく意味はないからです。トラブルを起こす業者事態に問題があるのも確かですが、なぜそのようなことになってしまうのかについても考えてみてください。たとえヤミ金であっても、意味なく波風を立てるようなことはしません。

返済が遅れる、返済がむずかしいなどの内容を、消費者金融へ相談するのは抵抗があるかもしれません。なかなか言い出しにくくて、そのままずるずると先延ばしにしてしまう人もいます。だけど、そういうことをしてしまうと、余計に問題が大きくなってしまうのです。正直に伝えることこそ、トラブルを回避するためには重要なのだと覚えておいてください。