MENU

ブラックになったら消費者金融ではお金を借りられないのか

ブラックリストに載る状態は、お金に関するトラブルを起こした人の信用情報に問題があると記載されている状態のことを指します。実際には、ブラックリストと呼ばれるようなリストはありません。この情報は、消費者金融が審査の際にチェックすることによって、この人は信用度が低いと判断する際に使用されています。そこで気になるのは、もしもブラックになってしまったらお金は借りられないのかということです。これはYESでもありNOでもあります。

大手の消費者金融の場合は、基本的にブラックの人にお金を貸してはくれません。しかしブラックになってしまってもその情報が永続するわけではなく、一定期間が経過すれば情報はなくなります。そうすれば、再びお金を借りられるようになります。そうなると、時間が解決してくれるのを待つしかないのかと考えてしまいますが、借りる方法はあります。中小の消費者金融の中にはそれでもお金を貸してくれるところがあるのです。

消費者金融を利用する際の審査は、法律によって定められていません。そのため、各社が独自の基準で設定をしているのです。そんな中で、こういう人なら安心できるという最低限の条件を設定しているため、各社で同じような判断ラインができあがっているのです。特に大手の場合は、審査を受ける人の数も膨大なため、一件ごと丁寧に審査する余裕がなく、まずはこのラインを超えられるのかどうかということで個人信用情報を活用しています。

中小消費者金融の場合は、大手の消費者金融と比べて顧客獲得に必死です。知名度が圧倒的に違い、広告に割ける費用も全然違います。そのため、自分たちならではのできることで顧客獲得に向けて努力をしているのです。その中の一つに、ブラックの人でもお金を借りられるという点があります。しかし、問題を起こしたことがある人にお金を貸すのはリスクの高い行為です。そのため、審査に通っても借りられる限度額がかなり低くなるということもあります。

ブラックでもお金を借りられる可能性は十分にありますが、ここで気を付けたいことがあります。しっかりと利用できるところもあれば、いわゆるヤミ金と呼ばれているところもある点です。大々的に「ブラックでも借りられる」と広告を出しているところはヤミ金の可能性が高いので注意してください。せっかくお金を借りられても、そこからトラブルに発展してしまう可能性があります。ブラックでもお金を借りられますが、粕川も借りる側もリスクのあることだと覚えておきましょう。