MENU

銀行のキャッシングと消費者金融はどう違うのか

お金借りられるサービスが、すべて消費者金融とは限りません。銀行自体が行なっているキャッシングサービスもあれば、銀行系の消費者金融、ノンバンク系の消費者金融など多くの種類があります。銀行系とノンバンク系の消費者金融は、バックボーンの違いからわずかな差異はありますが、基本的に同じものと考えて問題ありません。しかし銀行のキャッシングと消費者金融とでは、大きく異なるところがあるのです。それぞれのメリットとデメリットを知って、実際に利用するならどちらが良いのかを考えてみてください。

消費者金融の良いところは、気軽に借りやすい点です。審査に通る必要はありますが、審査自体もよほどの問題を抱えていなければ、けっこう通るものです。実際に審査に通らなかった場合は、クレジットヒストリーがないことや、多重債務、過去に債務整理などをしたなどのトラブルを起こしている可能性が高いです。審査に通らない人もいますが、全体的に見れば通りやすいと言えます。それに対して銀行のキャッシングは審査が厳しく、借りにくいものになっています。

審査が厳しいことはデメリットに見えますが、何も悪いことばかりではありません。しっかりとした審査基準があってそれに通った場合、通常の消費者金融よりも優れたサービスを利用できます。単純に金利が低めになっていることから始まり、総量規制の対象外になるという点もあります。単純なことに見えますが、この2つだけでもかなり助かると感じる人は多くいます。

銀行のキャッシングは、サービスを利用するためのハードルは高めになっていますが、それをクリアできるなら良いサービスが受けられます。消費者金融の場合は、審査は銀行のキャッシングに通りやすいのですが、比較すると金利は高めです。ただし、融資までの時間が早く借り入れや返済方法が多彩で自由度が高いというメリットもあるので、一概に悪いとは言えません。どちらが優れたサービスなのかは、それこそ利用する人が何を重要視しているのかによって変わってきます。

銀行のキャッシングが利用できない人でも、消費者金融なら審査に通るかもしれません。お金を借りられても、借りたり返したりの利便性部分で、不満が残るかもしれません。もしもこれからお金を借りようと思っているなら、どういう部分が自分にとって重要なのかを考えてみてください。そうすることによって、銀行のキャッシングと消費者金融のどちらがベストなのかも見えてくるのではないでしょうか。