MENU

消費者金融は目的を問わずお金を借りられるのか

住宅ローンや自動車ローンなどの場合は、最初から借りたお金の使用目的が限定されています。それに対してフリーローンという使用用途を制限されていないものもあり、分類として消費者金融はこちらに含まれます(フリーキャッシングという名称がよく使われています)。だけど使用用途が制限されていないとはいっても、理由次第では融資を断られてしまうことがあるので注意してください。

実際に消費者金融の審査を受けるために申し込みをする際は、どんな用途で使用するのかを問われます。たとえばそこでギャンブルや他社の借金返済のために使用すると回答してしまった場合は、融資を受けられる可能性がとても低くなってしまいます。なぜならば、消費者金融でお金を貸してくれるのは、その人がしっかりと返済をしてくれると判断するからです。

ギャンブルで負けていて、次こそは勝つと意気込んでお金を借りに来た人が、本当に勝てる保証はありません。そしてそこで勝てなければ、さらに借金をしてのめり込んでいく可能性はとても高いです。そうなると、借金だけが膨らんでいき返済をしてくれるのかどうか怪しくなってきます。もちろん、中にはしっかりと勝って返済をしている人もいるのですが、この場合は実績ではなく印象での話です。本当にお金を返してくれるのだろうかと疑問を持たれた時点で、とても不利なのです。

他社の借金返済のためというのも、多重債務状態にある人と言うことで敬遠されます。ただ、消費者金融ではおまとめローンのように借金の一本化を勧めてくるところもあるので、この場合は融資をしてもらえるかもしれません。これも実際にはどのように判断しているのかが消費者金融次第なので想像に過ぎませんが、そのようなケースがあり得るかもしれないくらいで考えておいてください。基本的には、リスクの高い人へお金を貸すことに変わりはないからです。

用途は自由といっても、あからさまに怪しい人へはお金を貸してくれることはありません。ある消費者金融でも、ホームページ上では生計費として利用するように記載しているほどです。逆に考えれば、実際の使い道はどうであれ生計費として借りると申告をすれば、そのまま信用してもらえるかもしれません。ただ、審査に通るのかどうかだけではなく、ギャンブルや借金返済のための借金はどこかで破綻する可能性が高いので、お金を借りるときには注意してください。大変な状況を乗り切るためにお金を借りるならともかく、深みにはまるようなお金の借り方には気をつけましょう。