MENU

低金利の消費者金融を利用するためには

お金を借りる際には金利が発生します。これは、消費者金融を利用するなら基本的には避けられるものではありません。しかし、金利が発生することを避けられなくても、低金利のところを選べば損を最小限に抑えられます。短期間での返済なら、金利の差はそれほど大きな違いになりませんが、長期間の返済になればなるほど大きな差になるものなので、どうすればお得にお金を借りられるのかは知っておきましょう。

消費者金融の場合、銀行のキャッシングと比べるとどうしても金利が高く設定されています。だけど、消費者金融の会社でもそれぞれ金利に差があるのです。また、金利は借りる金額が大きくなればなるほど低くなる傾向にあるので、この特徴をうまく活用するのも一つの方法です。

たとえば、最終的に20万円のお金が必要になるけど、実際に必要となる分は小分けされているケースがあります。その人は、5万円、10万円、5万円というお金の借り方をしました。だけどここで、一気に20万円で借りた方が最終的な利息は少なくなる場合があります。法定金利では、10万円未満が20%、10万円以上100万円未満は18%となっているからです。この2%分が、一度に借りることでなくなるわけです。ただし、金利は返済までの期間によっても変わってくるので、返済までの期間が長い場合は小分けで借りた方がお得なこともあるので注意してください。

どんな規模の消費者金融を利用するのかによっても、金利は変動します。大手消費者金融は、資本的な余裕もあるため中小に比べて低金利で設定されているところが多いからです。中小消費者金融だと10%以上の金利になっているところが、大手消費者金融だと逆に10%以下でお金を借りられる場合もあります。審査に通るのかどうかという問題もありますが、こういうところでも大手は強いのです。

消費者金融の中には、一定期間で返済をするなら無利息でお金を借りられるサービスを提供しているところがあります。短期返済なら何度でも大丈夫というところもあれば、初回のみ有効というところもあるのです。かなり限定的な条件ですが、こういうサービスも活用することで賢く無駄のないお金の借り方ができます。お金を貸してくれるのだから、ある程度の負担は仕方がないと思っている人でも、低金利で借りられるのは嬉しいものです。消費者金融についてしっかりと調べていれば、思わぬところで得をできる可能性もあるので、利用の際には情報収集を欠かさないようにしてください。