MENU

消費者金融を利用した履歴はどこまで残るのか

借金をすること自体は、悪いことではありません。借りたお金を約束通り返済できているなら、そこに何の落ち度もないからです。だけど、借金をしていたこと自体は、カードやローンの審査に影響を及ぼすことがあります。これは良い意味でも悪い意味でも言えることですが、そこで気になるのは、消費者金融を利用した際の記録はどこまで残るのかという点です。

借金の返済が延滞をすると、個人信用情報に記録が残ります。しかしこれは、問題があったときにのみ情報が残るのではなく、返済をした場合にも情報が残るのです。これ自体は、特に悪いことではありません。逆にお金を返して返済をしている履歴がなければ、ブラックではなくホワイトという状態と見なされ、逆に審査が通りにくくなってしまうのです。一切の記録が確認できない人は、信用ができるともできないとも言えないからです。

クレジットカードなどを利用していても個人信用情報に記録は残るので、一切使ったことがないという人でもない限りはホワイトになることはありません。だけど空白の期間が長いと、その履歴情報が消えてしまうことでホワイトになってしまうこともあります。これらクレジット情報などの記録は、5年間保有されることになるので、それを1つの基準として覚えておきましょう。

個人信用情報機関は複数あり、JICC(日本信用情報機構)では1年間の保有期間となっていますが、CICは5年間保有されます。そして審査の際に情報確認をする場合は、複数の個人信用情報機関を利用するため、長い方が適用されるわけです。

過去に借金をしたことで不利になるのではないかと不安になってしまう人もいますが、それほど深刻に考える必要はありません。問題なのは、延滞などの問題を起こしたことがあるのかであって、審査を受ける段階で借金を完済していれば何も問題はありません。先にも書いたように、しっかりと返済ができているという証拠があるので、逆に良いくらいなのです。

消費者金融を利用することによって不利になるのは、問題を起こしたときか返済期間中だけです。ただ、債務整理をした場合は登録情報が最長10年間になっているので注意してください。もっと早く情報が消えることもありますが、この情報が残っている間はあらゆる審査が通りにくくなってしまうため、おとなしく時間が経つのを待つしかありません。そうならないためにも、借金とその返済は計画的に行なっていくようにしましょう。