MENU

悪徳消費者金融を避けるために知っておきたいこと

規模を問わなければ、消費者金融は無数に見つかります。ほとんど名前は知られていないけど、営業をしているところもあるくらいです。そしてその中には、優良業者もあればヤミ金とよばれる悪徳業者もあります。大手の消費者金融であれば、口コミ情報などから簡単に評判を見つけられますが、あまり名前の知られていない業者の場合だとそれも簡単にはできません。

消費者金融などの貸金業者は、貸金業の登録番号を持っています。登録番号での見分け方が最も簡単です。登録番号は、ホームページや広告にかならず記載されているもので、なければそれだけで怪しい業者と思っても良いくらいです。そしてこの登録番号は、金融庁のホームページから検索フォームを使って探せます。「貸金業の登録番号」で検索をすればすぐに見つかるので、スマートフォンなどからすぐに出せるようにしておきましょう。

違法業者になると、番号は登録されていても名称が異なるものということがあります。そもそも、この番号についてそこまで詳しく調べる人はいないため、それっぽい番号を出しているだけで誤魔化せるからです。どこかの消費者金融が倒産した際に、その番号を拝借しているケースもあるため、実際に登録されているものと異なる情報が出てくるケースがあります。また、法にのっとった営業をしておらず、名称を次々と変えているということもあるので、その点にも注意しましょう。

悪徳消費者金融は、色々と甘い部分を見せてきます。お金を借りやすいというところから始まり、やたらと親身になってくれるところもあります。だけど実際にお金を借りようとしたら金利が違法なものであったり、借金の延滞が起きてから態度が急変をしたりなどです。それでも利用をする人が絶えないのは、大手消費者金融などではお金を貸してもらえない状態だからです。だからといって甘い言葉に乗ってしまうと、今よりも大変な目にあってしまいます。

悪徳消費者金融は、いつまでたってもなくなりません。だけど、利用しないように気をつけていれば大丈夫です。一番簡単なのは知名度の高い大手消費者金融を選ぶことですが、何らかの事情があってそれ以外の消費者金融を利用しなければいけないときもあります。そんなときは、問題のない貸金業者なのかを見分けられるようにしてください。お金のトラブルは、悪化すると大変なことになります。そうならないように、常日頃から気をつけていきましょう。