MENU

少額融資希望なら審査に通りやすいって本当?

消費者金融の審査に通らない場合、かならずどこかに原因はあるのですが、一体何が問題だったのかは開示してもらえません。そのため、自分の状況を振り返って分析をしていく必要があります。しかし、もしも消費者金融で借りたい金額自体が少なく、すぐにでも審査に通りたいなら、少額融資での申込をしてみてください。

この人は信用ができると判断されれば、融資額は大きくなります。これくらいなら貸せると判断できる金額と、実際に借りたいと主張している金額に食い違いがあると、審査には通りにくくなります。審査自体には通っても、まずはこれだけと限度額が設定されてしまうのです。そもそも消費者金融の場合は、総量規制による制限があるため、最初から年収の3分の1までしか借りられません。それにも関わらず、最初から大金を借りようとする人を信用してくれるわけがありません。

消費者金融側での審査では、借入希望金額は直接審査に影響をしないと言われています。確かにそう言えるところはあり、審査自体には通るけど限度額が少額になっているケースが多々確認されています。しかし、あまりにも常識外の金額を希望してくる場合は、審査に通らなくなることもあるのです。少し調べれば、自分の返済能力を超えていることが分かるのに、大きな金額を希望する人にお金を貸しても大丈夫なのだろうかと警戒されてしまうのです。

基本的に消費者金融の限度額は、10万円からスタートします。もしも必要なお金が10万円以下であるなら、まずはそれだけの金額が必要であることを伝えて申し込むようにしましょう。業者としても10万円でのスタートは様子見期間のようなもので、この限度額内でしっかり借りて返済をできるのかどうかを見極めようとしているのです。具体的な期間は、各消費者金融によって変わってくるので不明ですが、最初は少額でも少しずつ増額していくことは可能です。

少額ならお金を借りられる可能性が高くなるといっても、気をつけたいことがあります。それは、小口融資専門業者です。こういう業者は審査も通りやすいのですが、法定金利ぎりぎりのラインでお金を貸している場合がほとんどです。それならば、大手の消費者金融で少ない限度額からスタートをした方が、最終的にはお得です。目先のことにとらわれず、最終的に得をできるのはどの方法なのかを考えるようにしてください。消費者金融の数は多くあり、それだけ選択肢も豊富にあるのです。