MENU

消費者金融は保証人や担保が必要?

これまでに消費者金融を利用したことがない人は、単なるイメージだけで消費者金融について勘違いをしている場合があります。極端なものになると、消費者金融=ヤミ金と思っている人もいるくらいです。さすがにそこまで極端な話は少ないのですが、借金と聞いて保証人が必要ということを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。そして保証人がいればお金を借りることができても、借りた本人が問題を起こした場合は保証人が迷惑を被ってしまうというものです。しかし大丈夫です。消費者金融では、そもそも保証人が求められることはありません。

消費者金融自体が、もともと小口でお金を貸している業務形態のことを指しています。これは金額が少ないということだけではなく、気軽に利用ができるという意味にもなります。お金を借りるための審査としては比較的簡単な内容で、必要なときに小口でお金を借りられることこそが消費者金融なのですから、大口で借りる際に必要な保証人は必要ないのです。

ちなみに、保証人についても誤った認識を持っている人がいます。一般的に危ないイメージを持たれているのは連帯保証人で、こちらは借金をした本人と同じ責任を背負うというものです。しかし、ここで問題になるのは、その責任が支払い能力の有無に関わらず発生してしまう点です。ちなみに通常の保証人は、借金をした本人に財産があって、そちらから返済が可能な場合は本人に返済させるように主張ができます。

保証人と近いものとして担保があり、これは借金が返済できなくなった場合に、債権者に差し押さえられてしまいます。こちらも消費者金融の契約では求められないものなので、安心してください。担保や保証人があると、借金をする際の条件(金利や審査の通りやすさ)が緩和される傾向にありますが、リスクを背負うことに違いはありません。そのようなリスクを抱えることなく利用できるからこそ、消費者金融は成り立っているのです。

逆に考えれば、保証人などが不要な分金利が高くなっているとも言えますが、もしももっと低金利で多くの金額を借りたいなら、別のサービスを探してみましょう。今まで利用したことがないものに対して、過剰なイメージを持って敬遠し、結果的に損をしている人は多くいます。必要なときに必要な分を手軽に借りられるのが消費者金融の良いところなので、お金に困っていることがあれば、どんなサービスなのかを調べて利用を検討してみてください。