MENU

学生でも消費者者金融は利用できるのか?

お金に困っている人は、何も社会人に限った話ではありません。学生でも、お金のことで困っている人たちはたくさんいます。そこで気になるのは、学生でも消費者金融でお金を借りられるのかどうかです。さすがに学生なら審査で落ちてしまうのではないかと思っている人もいますが、最低限必要な条件を満たしてさえいれば、学生でも消費者金融でお金を借りられるので安心してください。

まず重要なのは、年齢です。学生といえば高校生と大学生があります。しかし消費者金融では、20歳以上という年齢制限が設けられているのです。つまり高校生の場合は留年でもしない限りは到達できず、大学生だとしても入学したての頃では利用がむずかしいのです。消費者金融の年齢制限は各社でばらばらですが、それは上限年齢の場合です。下限は基本的に20歳以上となっているので、その年齢になるまでは利用ができないと考えてください。

20歳以上だとしても、無条件で利用できるわけではありません。学生ローンなどもありますが、定期的な収入がなければどこもお金を貸してくれません。つまり、何らかのアルバイトをして安定した収入を得られていることが、消費者金融を利用するためには必要なのです。借りたお金を分割で返済するとしても、安定した収入がないから今月は払えないということになってしまっては、お金を貸す側としては話になりません。借りたお金に対して責任を持って、返済をできる人。この条件を満たしていなければ、学生が消費者金融を利用することはできません。

学生のアルバイトも様々です。もちろん学業が本分なので、アルバイトばかりをしていたらお金は手に入っても学生としての生活が崩壊してしまいます。その限られた時間の中で得られる給料を元に審査を受けることになるので、借りられる金額はそれほど大きくはありません。そこに不満を感じるかもしれませんが、学生のうちからそう大きな金額の借金をしてしまうのも良いことではありません。困ったときには助けてくれる消費者金融ですが、むやみやたらと頼りすぎることがないように気をつけてください。

学生が消費者金融を利用することはできますが、少額での利用になるものだと考えておきましょう。審査は収入面だけではなく、様々な要素から判断されるので、ある程度の収入があっても学生だからという理由で限度額が少なくなる可能性もあります。どうしても気になる場合は、自分が利用できるのかどうかを直接相談してみましょう。