MENU

消費者金融の限度額はどう決まるのか

消費者金融の利用限度額は、様々な要因で決まります。消費者金融側で前もって決めている条件もあれば、その人の審査結果によって決まる部分もあり、法律で定められているところもあるのです。それらすべての要因が合わさって決まるものなのですが、具体的にどのようなものなのかを知っておきましょう。どうしてこれだけしか貸してくれないのかと思うこともありますが、実際にはシンプルな理由で決められていることなのです。

消費者金融側でも、天井知らずにお金を貸してくれるわけではありません。貸金業者として明確な線引きをしており、どれだけ好条件の人でもこれ以上は貸せないというラインがあるのです。たとえばアコムでは利用限度額が500万円になっており、モビットの場合は最高800万円です。これは消費者金融側で決めた、本当の意味での限界金額となります。

次に重要なのは、総量規制という法律です。これは消費者金融などの貸金業者は、実際に借りる人の年収3分の1以上は貸し出してはいけないという規制となります。それまでは、審査の結果や増額申請によってどんどん借りることはできたのですが、それによって返済できずに自己破産などの債務整理をすることになる人が多く、それを防ぐために設けられた規制なのです。先に書いたアコムでの利用限度額500万円は、総量規制の範囲内での話になるため、最低でも年収1,500万円以上の人でなければ限度額いっぱいまで借りられないということになります。

最後に、審査結果によって決められる限度額です。お金を借りたら返すのは当然のことですが、使い方の問題やトラブルが原因で返済できない結果になってしまうこともあります。そして審査をしても、この人が本当に信用できるのかどうかは分かりません。あくまでも返済能力があると判断できるだけで、実績面については何も考慮されていないからです。そのため消費者金融側でも最初は制限をかけておき、しっかりと返済をし続ける人には、限度額の増額という形で対応をしてくれます。逆に信用できないと判断された場合は、限度額が減らされることもあります。

法律、貸金業者としての決まり、個人への信用度。これらの要素が合わさることによって、消費者金融の限度額は決められています。この部分がしっかりしているからこそ信頼できる業者とも言えるので、甘くしてくれるところは優しく見えても怪しい消費者金融と言えるところもあるので気をつけましょう。