MENU

安心して消費者金融を利用するためには

どうしてもお金に困っていて、自分だけでは対処しきれないというときに、消費者金融からお金を借りる選択肢があります。しかし、お金に困っているときは冷静な判断能力が失われていることが多いため、あまり考えずに物事を決めてしまうケースも多いのです。お金の問題は、一歩間違えると大変なことになってしまうので、そうならないように賢く利用できるようにしましょう。突発的なレベルだと対処はむずかしくても、普段からどう利用すれば良いのかを意識していたら、突然の事態でも何をすれば良いのかが分かるようになります。

安心して消費者金融を利用するためには、全部で3つのことを意識してください。1つは、どれくらいなら借りても大丈夫なのか、ということです。これは自分の収入に対して、どこまで借りても返済に影響がないのかです。総量規制による制限もありますが、それはあくまでも年収を考慮したもので、その人がどのようなお金の使い方をしているのかは考慮されていません。そこで、自分が毎月用意できるお金と使い方、返済をするならどれくらいの金額までなら大丈夫なのかを考えてみてください。

2つめは、実際にお金を借りるとして、どのような返し方をするのかです。返済期間が長引けば、利息面で不利になります。しかし毎月の返済額が大きければ家計への負担もあり、どこかで破綻してしまうかもしれません。金額だけではなく、期間のことも考えることで、自分の生活の中で借金がどれほどの影響力を持つのかが見えてきます。消費者金融ではありませんが、クレジットカードのリボ払いは、使い方を誤ると大惨事になります。毎月の負担額を減らしたばかりに返済期間がどんどん延びていき、残高がどんどん減らないことも起こりえます。

最後に3つめですが、そもそも借りようしている目的は何のためなのかです。もしも生活費が足りなくてお金を借りようとしているなら、一度踏みとどまってください。その問題が一時的なものならともかく、長期的に発生するならお金の使い方自体を見直す必要があります。生活費が不足しているのではなく、ほかのことにお金を使っているから生活費に影響が出ているのであれば、そこから改善していきましょう。

便利なサービスも、借り方を誤れば大変な問題に発展してしまいます。消費者金融を賢く利用するためには、これらのことに気をつけて、自分にとって無理のない使い方を考えてみてください。借金をしても、しっかり返済できるなら何も問題はないのです。