MENU

なぜお金を借りる際に収入証明書が必要になるのか

消費者金融では、総量規制によって限度額が定められています。その人の年収によって制限されることになりますが、これはいったい何を使って確認をしているのでしょうか。消費者金融のホームページなどで説明をチェックしてみると、収入証明書の提出についての記載があります。これは、源泉徴収票、給与明細書、市民税・県民税額決定通知書、所得証明書などが該当します。つまり、自分が過去にどれだけの収入を得ていたのか、書類を提出して確認してもらう必要があるのです。

「書類自体は持っているけど、どこにしまったのか忘れてしまった。」「ちょっとお金を借りたいだけなのだから、こういう書類を提出するのは面倒くさい。」「そもそも抵抗がある。」こういった理由から、収入証明書の提出は避けたいという人も多いのではないでしょうか。しかし、安心してください。収入証明書は、絶対に必要なものではないのです。特定条件でお金を借りる際に求められるものだと考えてください。

実際に色々な消費者金融の注意事項をチェックして見ても、プロミス、アイフル、アコムなどでは50万円以下なら収入証明書は原則不要となっているのです。それではどんなときに必要になるのかということですが、先に書いた50万円を超える借入をするとき以外では、他社の借入が100万円を超える場合とあります。

他社からの借入があるのかどうかは、個人信用情報をチェックすればすぐに分かります。もちろん、審査の段階でほかの借金があるのかどうかも確認されます。そこで100万円を超える金額がある場合は、その借金プラス自社の借金を返済できるのかを判断するために収入証明書が必要になるのです。年収が300万円の人ですでに借金が100万円ある場合は、それだけで総量規制ぎりぎりの数字なので、審査に通ることはまずありません。こういう確認の際に求められるのが、収入証明書なのです。

例として、一定金額以下なら収入証明書が不要な消費者金融の例を出しましたが、金額を問わずに必要になるところもあります。自分のお金の借り方、そしてどの消費者金融を利用するのかによって必須なのかどうかは変わってきますが、最初から用意をしていて損はありません。提出することに抵抗があるという人もいますが、お金を貸してもらうために信用してもらう材料の一つなので、求められても仕方がないくらいで考えておいた方が良いかもしれません。自分が利用しようとしている消費者金融と、自身を取り巻くお金の状況が分かっていれば回避できるものだと覚えておいてください。