MENU

どうして消費者金融を利用する人は多いのか

消費者金融を利用している人、利用したことのある人はとてもたくさんいます。もちろん、誰もがおおっぴらにそのことを言っていないため、自分の周囲でどれだけの人が利用をしているのかを知るのはむずかしいです。しかし、実際に消費者金融を利用している人は、全国に1,000万人以上もいるとされているのです。当然、年齢制限のこともあるので全人口よりも少ない中での1,000万人以上です。10人に1人以上は利用していると考えても差し支えない数字です。

消費者金融と聞くと、ギャンブルのため、ほかの消費者金融の返済のために使う人が多いというイメージもありますが、それは間違いです。実際には、生活費の補填や交際費、旅行の資金にするためといった理由で利用されていることが多いのです。特に交際費などは、突然冠婚葬祭のイベントに参加することになった際のお金がなく、消費者金融を利用している例が多数あります。飲み会が重なった場合に利用する人も多く、少額で利用している人は多いのです。

借金に対して過度にマイナスのイメージを持っている人の場合、数十万円以上の借金を抱えていると考えるかもしれません。しかし上記の使い方で消費者金融を利用する場合は、数万円程度がほとんどです。これなら数ヶ月以内に余裕を持って返済ができるので、何も問題はありません。

もちろん、悪いイメージになりやすい借金状態におちいっている人もいます。多重債務状態になってしまいどこからもお金が借りられず、ヤミ金に手を出しては最終的に自己破産というケースも現実に起こっています。しかし、それがすべてだと勘違いしないでください。借金という言葉でひとくくりにしてしまいがちですが、少額でうまく回している人もたくさんいることを知っておきましょう。

消費者金融という言葉だけでマイナスイメージを持っている人もいますが、使い方次第ではクレジットカードとほとんど変わらない状態にもなります。必要なときに借りて、すぐに返済をする。消費者金融を利用するときには、まずこのことを心がけてください。借金をすることに慣れてしまい、あたかも自分の収入が増えたかのように錯覚してしまうことは避けましょう。そうなると、いつの間にか借金が膨らんでしまうことになります。お金を借りる際も返す際も、しっかりと計画を立てられていれば簡単に破綻はしません。もしもお金に困っていることがあれば、消費者金融を利用することも選択の一つと考えてみてはいかがでしょうか。